ニコチン入りリキッドって買える?

ニコチン入りリキッドって?

ニコチン入りリキッド

日本で買えるニコチン入りの電子タバコには、アイコスが代表的。ただ、ニコチン入りのリキッドとニコチン入りの電子タバコは似て非なるものです。

日本ではニコチン入りリキッドは法律で販売することが禁止されていますので日本国内で購入することはできないので、海外で購入するしか方法はありません。

ニコチン入りリキッドの安全性は?

なぜニコチン入りの電子タバコはよくて、ニコチン入りリキッドはダメなのでしょうか?

ニコチン入りリキッド

それは、ニコチン入りの電子タバコ アイコスやプルームテックはタバコの葉の形状をしていて、一方ニコチン入りのリキッドは液体の状態です。

つまりリキッドを誤飲すると死亡事故などが発生する可能性が高いからです。子供がタバコの葉を誤って口にするというニュースは少なくありません。

しかし液体のほうがより危険なのは明白ですね。タバコの葉は、もし胃に入った場合でもニコチンが吸収されるまで時間がかかりますがリキッドの場合は、ニコチンの量も多く、また急激に吸収されるため危険性が高いのです。そのためニコチン入りのリキッドは国内での販売が規制されているんです。

ニコチン入り電子タバコとVAPEの違いって?

日本で発売されているニコチン入りの電子タバコは、たばこの葉を燃焼させずに加熱することで煙を大幅にカットしています。ニコチン入りの電子タバコが普通のタバコと同じような扱いを受ける原因のひとつに、やはり副流煙の心配がありますよね。

実際にアイコスを吸っている人の半径2mあたりでは非常に強烈な臭い(えぐみのある芋を焦がしたような臭い)がしますし、喫煙所で吸うことがマナーです。

一方、VAPEと呼ばれる電子タバコVAPEは、リキッドと呼ばれる液体を気化させることで香りを楽しむ嗜好品です。

VAPEには、一切ニコチンなどの有害物質が含まれていませんので健康を害するといった心配はありません。

⇒VAPE、つまりニコチンやタールが一切入っていない電子タバコおすすめランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする